【スタッフ日記】スポーツジム

皆様こんにちは、自分史上最高体重を日々更新し続けている安ちゃんです。

食事制限をしても全然痩せないので、制限をやめた途端に凄い勢いで太り始めました。

ブログスタッフの中でもおーちゃんもジムに通い始め、金ちゃんはマラソン狂。。。シェイプアップが流行中。

日々忙しいワタクシにスポーツジムに通う時間等は無い!を言訳に運動もせずに過ごしてきたワタクシの逃げ場を塞ぐジムが我家の近所に出来てしまいました。。。365日24時間営業のスポーツジム。。。

逃げ場を塞がれたら仕方ありません。。通うことに決めました。

週に3回、23時~24時まで有酸素運動で燃焼しまくります。お陰様で帰宅後は死んだように眠りにつきます。

ヤル!と決めたら絶対にやる男として、今回は気合いが入っていますので、しっかり目標を立てて健康体を手に入れたいと思います!!

【スタッフ日記】桃の実

みなさまこんにちは、安ちゃんです。

先日、何気なく庭の木を眺めていると、驚きの光景が!!

今年3月、3年ぶりに奇跡的に花を付けた通称『桃ちゃん』に実がついていたのです!!!


これにはワタクシも驚いて庭で独りで「うぉぉぉぉ!!!」と雄叫びを上げてしまいました。
これは、俗に言う桃の実なのでしょうか。。。分かりません。謎です。
これで甘くて美味しいピーチの実が出来た日にはまさに奇跡です。
万一、この実から種が取れるようなことがあれば、是非とも植えてみようと思います。
小さな桃の木の命が、細くも力強く繋がっていることに喜びを感じる出来事でした。

【スタッフ日記】気仙沼ブランチさんで夕食会

みなさまこんにちは、安ちゃんです。

先日、気仙沼に出張した際、クルーカード事務局の皆さんと一緒にブランチさんで夕食会がありました。

気仙沼の地元食材を使ったシェフ入魂の料理の数々に感動しましたので、少しご紹介します!


最初に驚いたのはサラダ。見て下さい、フカヒレがドドド~ん!と乗っています!! こんな贅沢なサラダ見たことありません!


続いてカツオ!気仙沼では前日から水揚げが始まったばかりの初ガツオを色々なバリエーションで楽しめました。


そして牡蠣!!! なんと贅沢なラインナップでしょう!


メインディッシュはメカジキのソテー。メカジキも気仙沼の特産です。
そして、他にもスープやホヤのピザなど、『ザ・気仙沼』を堪能させて頂きました。

今回はメニューにないシェフ入魂の特別料理として出して頂けましたが、予めお電話で相談してみるのも良いかもしれません! もし食材のタイミングが合えば、特別メニューも作って頂けるかもしれません。

夏休みには気仙沼ツアー、いかがですか?
※その際にはサイモンズカードをお忘れなく!!!

【スタッフ日記】苺

皆さまこんにちは、安ちゃんです!

近所のイチゴ農園で、加工用のイチゴを5kg買って来ました。
出荷前の朝一番に電話して取りに行くと、出荷の際に弾いたイチゴを取っておいてくれます。そしてそれを格安で分けて頂きます。

粒が小さかったり、熟れ過ぎたりと言われますが、パッと見、素人には何故弾かれたのか分からない綺麗なイチゴで、そのまま食べてもとても美味しいです。

さてさて、これだけの量がありますので、これからジャムにするか、ジュースにするか考えます!!

【スタッフ日記】パエリア

みなさまこんにちは、安ちゃんです。

先回、こちらでご紹介させて頂いたマテ貝ですが、定番のバター焼きだけでは食べきれず、せっかくなのでマテ貝の出汁タップリのイカ墨パエリアを作りました。

作る過程は、ウッカリ写真を撮り忘れてしまいましたので、ここでワタクシ流の作り方を簡単にご紹介します。

スペインでは、パエリアはお父さんが日曜日に野外で張り切って作る男の料理です。日本でいう鍋奉行の様な感じで、普段料理をしないお父さんが、この時ばかりは活躍します。ですので、大まかな作り方は決まっていても各家庭ごとに微妙に特徴が異なります。

ワタクシは、イカ墨が海鮮風味の旨味を劇的に強調してくれるので、いつもイカ墨パエリアにします。 本当は、スミイカを自分で釣ってきて作りたい所ですが、中々そうもいきませんので、今回はイカ墨ソースを使いました。

まずは、そこが平らで大きな鉄鍋にオリーブオイルをひき、タマネギとニンニクのみじん切りを炒めます。

タマネギが飴色になった頃に、イカや小エビ、ホールトマトを入れて炒めます。私は冷凍のシーフードミックスを使いますが、おそらく、より新鮮な材料が手に入ればそれに越したことは無いと思います。

そして具材に熱が通った頃に、今回大漁だったマテ貝をごっそりと入れ、白ワインを加えて蒸し焼きにします。 もちろん、マテ貝ではなく、アサリでも一緒です。今回のマテ貝はアサリの代用です。

暫く蒸し焼きにすると、貝から白いエキスがたっくさん出て来ます。
その頃合いを見計らって、いったん貝を取り出します。(貝は煮過ぎると固くなってしまいます。)

鍋にもう一度オリーブオイルをひいてお米を投入して炒めます。 炒める目安は、お米に透明感が出るまでです。

お米に透明感が出たら、お米と、同量の出汁汁(カツオ節からとった出汁)とイカ墨ソースを入れて強火にします。今回ワタクシは、パスタ用のイカ墨ソースを加えました。

液体が沸騰してきたら弱火にして蓋をします。

今回は、スーパーで8匹で500円とお買い得だったアルゼンチン産のエビを乗せてから蓋をしました。

そして待つこと15分から20分。。。。最後に強火で10秒、いらない水分を飛ばしてから火を止めて10分間蒸らします。

時間が来たら、恐る恐る蓋を少し開けてお米を味見。

まだお米が固い場合は、少し水を足して弱火にするか、蓋を閉めて再び蒸らします。

お米が柔らかくなれば出来上がり! 小ネギやパセリのみじん切りを振りかけて、アサリも戻します。

今回は、マテ貝捕りの際に一緒に見つけたハマグリ、アサリ、バカ貝、ホンビノスなどを乗せました。

分量など、お米とお水の分量は多少気にした方が良いものの、男の料理なので、分量など細かいことは気にしません。

味については、保証付き、夢に出てくるほど美味しい筈です!! 是非お試しあれ!!

【スタッフ日記】マテガイ

皆さまこんにちは安ちゃんです。
大型連休、いかがお過ごしですか?

ワタクシもバタバタと過ごしておりますが、折角の連休なので、連休らしい事をしよう!と思い、今日の午前中の大潮を利用してマテガイ獲りに行きました。
ポピュラーなのは潮干狩りでアサリ採りだと思いますが、ワタクシの妻がアレルギーの為、アサリが食べられません。
そこで、アサリ味に近いマテガイを獲る事に!
獲り方は多くの皆さまご存知の通り、塩とシャベルを手に砂を掘るだけです。

まずは砂を掘りマテガイの穴を探します。

穴が見つかれば、そこに塩を振り掛けます。

まもなく塩に反応したマテガイがニョキッっと顔を出します。

モグラ叩きの様に、すかさず捕まえて引き抜きます。

マテガイはニンニクバター醤油焼きがおススメです!

ほんの小一時間で充分な数がとれました! 今夜食べるのが楽しみです‼︎‼︎

【スタッフ日記】落書き?

皆さまこんにちは、安ちゃんです。

少し前の事ですが、我が家の近所の公園の公衆トイレの壁に、かのバンクシーの作品では?と言われている壁画が現れました。


東京都でも同様にバンクシーらしき壁画が発見されて話題になっていましたが、ここ千葉県でもちょっとした人気スポットになっています。

千葉県の管理下にあるこの公園では、残念ながらこの壁画は通常の落書きとして消去される予定だそうです。

仮にバンクシーの作品では無いとしてもワタクシは大変気に入っているので、消してしまうのは非常に残念な気がするのですが、確かに作者不明の落書きを大切に取っておくというのも倫理的問題がある気もします。

何とか保存する方法があると良いのですが…

【スタッフ日記】今年も味噌仕込み

皆様こんにちは、安ちゃんです。

平成最後の(←流行語を使ってみました)味噌仕込みの為に有機栽培大豆と有機栽培米麹を仕入れてきました!

麹も美味しいお米が1番! 今年は千葉県多古の麹です!

そして大豆。このまま食べても充分に美味しい。

そして茹でた大豆を写真を取るのも忘れるほど必死にミンチにしていきます。
その大豆ミンチと麹、そして綺麗な海水で作ったコダワリの塩を混ぜて、殺菌したカメに空気が入らない様にしっかりと詰めて、カメを床下に突っ込んだら完成!

ついでに去年仕込んだ味噌を床下から引っ張り出して、様子を覗いてみました。

無事、カビも生えること無く芳醇な味噌が出来つつあります。
味見をしてみると、美味しい~!!! 味噌造り、やめられません。
このままでも充分に美味しかったのですが、もう少し熟成してみようと思います♪

【スタッフ日記】嬉しい開花!

安ちゃんです。

咲きました!!
ご臨終かと思われていた桃ちゃんが、なんとっ、1輪の花を付けました!!!

色は、源平色では無く、まさに桃色の花。

たった1輪ですが、しっかりとした花を付けてくれました。

とても嬉しい!!! いままで話しかけ、元気づけてきた甲斐がありました!

ツボミに気付かず、出張から戻ると突然開花していたので、まるで出迎えて貰った様な気持ちになりました。

幸せです

【スタッフ日記】元号

みなさまこんにちは、安ちゃんです。

『平成』の時代もあと残すところ1ヶ月半となりました。

『昭和』から『平成』となったあの日の記憶は今だ鮮明に覚えています。
個人的には当時から、昭和天皇を歴史的人物として非常に尊敬申し上げているワタクシにとっては、平成という新しい時代の幕開けを喜ぶよりも、昭和の終わりに対する深い悲しみを感じていた事を思い出します。

そして『平成』から次の時代へと変わる今、新しい時代への大きな期待感に満ちています。きたるご譲位、またご即位の日にあたっては、今上陛下と皇后陛下、そして新天皇陛下の末永いご健勝と我が国の繁栄を心から祈りつつ、新しい時代の幕開けに万歳を三唱するつもりです。


※この御真影は27年前のお姿ですが、世界中でワタクシだけが持っている宝物です!

※美智子皇后陛下にお声掛け賜り、あまりの緊張で完全硬直しているワタクシの後頭部です。

 

ところで、元号について少し触れてみたいと思います。
元号とは、もともと紀元前の中国から始まった記年法で、当時の中国と、中国から冊封を受けた国々(形式的に中国皇帝の臣下となった国々)で使われて来ました。冊封国は、毎年中国に朝貢するとともに、中国の暦(カレンダー)を使う事も義務付けられていました。

日本は西暦645年に皇極天皇が『大化』という日本独自の元号を制定した事によって、ある意味中国から冊封を受けない、独立した国家であるという意思表示を行ったと言われています。

一時期の東アジアでは、日本以外は全て中国の冊封を受けていたそうです。つまり、東アジアの国々では元号を使う事が文化として根付いていたという事です。一方で日本も645年以来、約1700年という長い期間、独自の元号を使って来ました。

そしていまや現代の世界で元号を持つ国は日本だけとなってしまいました。
そういう意味では、日本独自の元号を使う事は独立国家日本の伝統であり歴史であり、アイデンティティでもあります。
ですので、「和暦元号なんて面倒だからいらないね~!」と軽々に言ってはいけませんね~!

4月1日のエイプリールフールの日には、新しい元号が発表されるそうです。ワタクシ個人的には、元号の事前発表に対しては????で、皇位の継承と元号の発表はセットだと思っていました。元号法にも「元号は、皇位の継承があつた場合に限り改める。」とあり、一世一元の制では、改元は新たな天皇陛下の大権の筈なのですが。。。
今回の様に皇位の継承より前に発表するのは、過去1700年の元号史で初めての事だそうです。事前に分からないと色々と困る事があるとも聞きますが、ご譲位が無ければ通常は事前に分かる事ではありません。

コンピュータープログラムなど、現代社会では元号が変わると困るような事象が多々あるのかもしれませんが、もし、そうであれば、日本においては元号が変わっても問題なく継承していけるプログラムを是非組んでおいて頂きたいものです。

日本の先人の皆様が1700年間も続けて来られたものですから、今後も、数百年、数千年と歴史と伝統を紡いでいく事を大前提として、現代の日本人が創意工夫して、後世へとつなげていきたいですね!

 

加盟店NOW

最近のコメント

    アーカイブ