1. 1様々なシーンでポイントを活用

    スタジアムでの観戦(来場)や、グッズの購入、会場での飲食、またイベント参加や入会ボーナス等、様々なシーンでポイントをためることができるよう、柔軟にシステム設計いたします。例えば、ショップではスマホで、来場ならタッチ式の端末でポイントを付与するなど、シーンに応じた機器を準備しています。ためたポイントは限定グッズやチケットとの交換や、選手との交流に使えるなど、自由に設定することが可能です。

  2. 2カードでも、スマホアプリでも

    ポイント機能を搭載した会員証は、カードにもスマホアプリにも対応しています。共通ポイントでありながら、チームごとにオリジナルのデザインを採用することも可能です。

  3. 3地元のお店との交流

    地元のお店を応援ショップとしてポイント連携。チームとファン、そしてお店との結びつきを、より強固なものとして『見える化』します。

  4. 4様々なクラブ・団体と連携可能

    他チームとの連携はもちろん、地域内の他スポーツのチームやファンクラブなどとの連携も可能です。スポーツ団体以外でも、自治体、観光団体、商工会、地元商店街、企業、大学、NPO法人、社会法人、美術館、博物館、道の駅、温泉郷など様々な団体と、地域を問わず広域にわたるポイントネットワークをご構築いただけます。

  5. 5失効したポイントを寄付

    有効期限内に使われず失効したポイントを、1ポイント=1円として寄付します。スポーツ振興や地域活性等を目的とした活動や、チーム強化の財源としてお使いいただけます。

スポーツチームによる導入事例

地域との共生を目指すモデルはスポーツチームだけではなく、大学やNPO法人等、様々な団体で導入いただいています。

大学による導入事例

NPO/財団法人/社団法人等による導入事例

その他の団体による導入事例

サイモンズ総合トップ


サイモンズについて

サイモンズ・ポイントモール