【スタッフ日記】北海道へ行ってきました。

こんにちは金ちゃんです。

この週末、久しぶりに札幌市に住んでいる
友人に会うため北海道へ行ってきました。

(羽田空港から千歳空港へ向かうのですが、思いもよらず、
飛行機の窓から富士山が見えたので写真を撮りました。)

そこで、せっかく北海道へ行くので、
サイモンズ加盟店の「伊達市観光物産館」へ行ってきました

北海道伊達市は札幌市と函館市のほぼ中間にあり、
札幌から約130kmの距離のところです。
高速道路で繋がっていますのでアクセスは便利です!

道央自動車道で有珠山SAを過ぎ「伊達IC」で降ります。

※有珠山SAから伊達市方面です。右手方向には有珠山がありますが、
あいにくの天気で雲がかかってしまっています。
晴れていると海もきれいにみえるようです。


「伊達IC」からは近く、すぐに「伊達市観光物産館」があります。

伊達市観光物産館はとても広く、地元の新鮮な野菜をはじめ、
お肉などの加工食品など地産品がたくさんあり、食のテーマパークのようです!

いろいな種類の野菜があり、また大きさがとても大きく、みんなおいしそう!

※伊達市観光物産館は北海道で最多の来場者数がある道の駅です!
この日は風が強くみぞれ交じりの天気だったのですが、
それでも、たくさんの人が来ていました!


もちろんお土産を買い、伊達まちカードにポイントをためました!

伊達市は北海道の中でも気候が温暖で海も山もあり、
洞爺湖や有珠山、昭和新山等の観光地が近くにある便利なところです。

北海道へ行った際は是非、訪問してみてください!

【スタッフ日記】収穫祭!?

週末、近所の大学の学園祭に行って来ました。
その農業系大学では、大学祭を「収穫祭」と呼んでいます。

大学OBの生産者から取り寄せた大根の無料配布などユニークな企画もあり、HPによれば例年10万人以上の来場者が訪れる。

確かにお味噌やはちみつを販売する人気の模擬店は順番待ちの行列ができ、開園2時間たって15分待ちの状態でした。

ある模擬店で「ペルー産コーヒー豆」の文字に目が止まりました。
大学とペルーのコーヒーにどんな関係が?

訊ねてみると、なんと大学OBが関わるペルーのコーヒー農場から仕入れた豆を
販売しているとのこと。

しかも、その模擬店は、大学OBの生産品や大学が開発に関わった食品を
販売する、れっきとした株式会社。いろんな連携があるんですね。

思わず、衝動買いしました(笑)。

まめさん
追伸;ペルーの山岳部で栽培されたというそのコーヒーは、
やわらかい酸と爽やかな香りが楽しめるお値打ち品でした。

【スタッフ日記】カモ

こんにちは。金ちゃんです。

先週、先々週と2週連続で週末に台風が接近して大変でしたね。
関東地方でもかなり雨が降りました。
雨が降ると、近所を流れている川が気になります。

いつも、橋の上から川をのぞくと、たくさんの鯉が口をパクパクさせ、
また、いろいろな種類の鳥も飛んでいる川です。

中州?というのでしょうか。水位が低いので
通常は陸のようになっているところがあるのですが、
雨が降ると増水し消えてしまいます。

そこにはいろいろな生き物が休んでいるのですが、特にカモの親子です。
(写真ではわかりにくいですがくちばしの先が黄色いので
「マガモ」ではなく「カルガモ」です。)

上の写真は今年の夏頃で、最近見かけたときは
「コガモ」も立派に大きくなっているのを見かけました。

いつも雨がやみ、落ち着いた頃に見に行くと、
必ず鯉もカルガモも戻ってきているので、
どこかに避難しているのだと思いますが、
野生はたくましいですね。

今回の台風でも大丈夫だと思いますが、また探しに行ってみようと思います。

※カルガモはノンビリ水面を泳いでいて、
少し流れが強いと流されてしまいそうなイメージがありますが、
急ぐときは、流れに逆らっても構わずかなり早く泳ぎます。

【スタッフ日記】絵本の与えかた

最後に「絵本」を手にしたのはいつだったでしょうか?

それはどんな絵本だったでしようか?

先日、児童図書専門の出版社の友人と久しぶりに再会した。

子どもの成長に「絵本」は、いかに大切か。
「絵本」は、子どもに読ませるだけでなく、

親が子どもに読み聞かせるもの!

熱く語る友人も、以前は子どもが寝てから帰宅が当たり前。
とても読み聞かせなんてやってられなかったと反省の弁。

帰り際に、「絵本の与えかた」なる小冊子を渡された。
赤ちゃんの絵本、二歳・三歳の絵本、四歳児の絵本と

年齢に応じた絵本の紹介と絵本の選び方が記されていた。

そして、最後のページに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
絵本は、わずか5分か10分で一冊読めます。
忙しいから、絵本をよんであげる暇がないのではなく、

読んであげる気持ちがないのでは?
子どもの方に気持ちが向いていないのでは?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
帰ったら久しぶりに、大阪にいる息子にLINEをしよう!
まめさん

【スタッフ日記】くつみがき

ある日、知りあいの修理屋の店長さんから
「シューケアのワークショップやります、参加しませんか?」

と声をかけられました。
最近、サボリ気味だったので、二つ返事でOK!

ワークショップは、小田急代々木上原駅前のレストランで
ランチをいただきながら、レクチャーを受けて、

その後、持ち込んだ自分の靴をシューケアするという
なんとも地味な企画(笑)。

「はじめてのことで緊張してます。」

講師は、革ケアクリームを製造販売する会社の営業Sさん。
ブラシのこと、汚れ落とし、クリームの種類、仕上げ。。。
あっと言う間に講義の時間は終わり、次は、いよいよ靴磨き実践編。

各自が持参した仕事用の革靴、おしゃれなパンプス、スエードなどなど

形も種類もいろいろな革製品たち。

なかには、お気に入りのショルダーバッグを持ち込まれた方も。
皆さん、作業中は目が真剣でした。

 

15年以上も大事にケアしている靴だという方。革ジャケットのケアーに奥様の化粧品を使って怒られたという方。
「モノは大切に!」
いつもやさしい祖父がその時は、とても厳しい表情だったことを思い出します。
モノを大事にすることは、それにまつわる人やそのひとの想いを大切にすること。
手作りのアクセサリーを好む人が増えているといいます。
愛着のあるモノを修理して長く使う。そんな人が増えるといいなと思います。

まめさん

【スタッフ日記】さんま祭り

今年もさんま祭りの季節がやってきました!

さんま不漁のニュースもどこ吹く風、500匹の焼きサンマが無料で振る舞われたのは、小田急線相模大野駅南口の「さんま祭り(相模大野南新町商店街主催)」です。

天気にも恵まれて、小さなお子さん連れの御夫婦やカップル、そして通りすがりのおじさんおばさんまで、多くの人で賑わっていました。皆さん思い思いにベンチや階段に腰掛け、焼きさんまを美味しそうに召し上がっていました。出店には、食べ物屋さんの他、金魚すくいや日本酒の利き酒コーナーもあり、昼間からほろ酔い加減の人もチラホラ。

懐かしい!金魚すくいのコーナーも

運営は商店街の有志の皆さん。とにかく皆さん元気!そして楽しそう。あと、若いオーナーさんが多いんですが、皆さんとても仲良しなのが印象的でした。

「1軒だけでがんばらない!」

地元の人、地元のお店と協力してみんなで地元を盛り上げるんです。

そんな声が聞こえてくるようでした。

まめさん

Sagami-OnoCard(オーノカード)@相模大野アートクラフト市

第21回 相模大野アートクラフト市 2017春の市にて

オーノカードの宣伝活動と入会募集を行いました!

当日は、行楽日和となり、また、第21回目と地元ではクラフト市を

楽しみにされている方々も多く、会場は大変な混雑ぶりでした。

足を止めてオーノカードの話を聞いてくださった皆様、

ありがとうございました。

期限切れポイント寄附の話に共感いただき、

「幼稚園でオーノカード宣伝するわ!」、「商店街と百貨店で使える地域カード、いいですね。頑張ってください!」と激励してくださったお子様連れのお母さんや若いご夫婦の方々、

本当に有難うございました。

少しでも皆様の便利で使いやすいSagami-OnoCard(オーノカード)をめざして頑張ります。

応援よろしくお願いします!

 

(ご参考;上)寄付金贈呈式の様子 下)子育て支援サロン「ぽっかぽか」で購入されたキーボード

 

オーノカード事務局より

【スタッフ日記】北海道鷹栖町の取り組み
~入会促進in三鷹の森フェスティバル2016~

すっかり秋らしくなり、朝夕に肌寒さを感じることが多くなってきましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、10月16日に行われました『三鷹の森フェスティバル』での
北海道鷹栖町の取り組みをご紹介いたします。

鷹栖町は、北海道のほぼ中央、旭川市の隣にある町です。
豊かな自然に囲まれ、品質・収穫量とも道内屈指の稲作、
付加価値の高いきゅうりなど、良品質な農産物の供給地帯です。

 

町が発行している“たかすサポーターズカード”
サイモンズポイントを活用した取り組みで
たまったポイントが失効すると鷹栖町への寄付となり、
町内外から町を応援出来るカードです

同じ【鷹】の文字を持つ都市同士のホークス交流の一環で、
井の頭公園にて行われた三鷹市のイベントに
鷹栖町の皆様も参加なされ、町の特産品のご紹介と、
“鷹栖サポーターズカード”の入会促進を行いました。

 
DSC_0333
鷹栖町のブースでは、トマトジュース「オオカミの桃」新米「ななつぼし」
「ゆめぴりか」「鷹栖牛」と「エゾシカ」のお肉などの特産品を販売


鷹栖町のブースは常に多くの人で大賑わい


大人気「鷹栖牛」と「エゾシカ」のバーベキューに長蛇の列

DSC_0329
DSC_0346
朝から入会の列は途切れることなく続きました

 
たくさんの皆さまとお話をさせていただき、なんと一日で
約160名が“たかすサポーター”になってくださいました
皆さまの応援のお気持ちをたくさんいただくことができました
ありがとうございました

加盟店NOW

最近のコメント

    アーカイブ