【スタッフ日記】ピンチョス

みなさまこんにちは、安ちゃんです。

先日、仲間内でパーティーをするので、それぞれ指定の飲食物を持ち寄りで準備する事となりました。

ワタクシには幹事さんから、「ピンチョスを持って来てくだい。」との指令がありました。

ピンチョスとは、スペインのバルなどで楽しまれている一品料理を指します。ひと言でピンチョスと言っても多種多様なため、真面目なワタクシは、どの様な物を作って行けばよいのか、すっかり悩んでしまいました。

色々と考えた結果、1番スペインらしい物を作れば期待に外れる事は無い!と思い、イベリコ豚の生ハムやらオリーブ、スペインで好まれる少し硬めのバケットなど買込んで、装飾にも工夫を凝らして作りました。

まずは、スペインオムレツ。卵、ジャガイモ(メークイーン)とタマネギのオーソドックスなスタイルです。

それを冷ましてから適当な大きさに切り、切ったバケットに完熟トマトの果汁、塩とオリーブオイルを塗ったパンコントマテの上に乗せます。

そのまた上に生ハム、ミニトマト、オリーブを重ねて串で固定したら出来上がり。

言葉にすると簡単ですが、この作業、半日掛かりました。

そして数十個のピンチョスを風呂敷で両手に持ってパーティー会場に着くと、みんなから「作って来たんですか?みんな適当に店で買った物を持ち寄ってるんですよ!」と言われてズッコケました…。

また、「こんな綺麗に…奥さん大変でしたね!」とか、「作ったのはワタシだぁ〜〜!!」と皆に恩を着せた所で、その味も好評で、まぁ何とか苦労の甲斐があったかと納得したのでした。

Comments are closed.