【スタッフ日記】チョコフォンデュ!

こんにちは、まめさんです。
節分が終わると、チョコレートの季節です。
夕食の買い出しの途中、たまたまマシュマロが目に止まりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
チョコレート + マシュマロ = チョコフォンデュ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

工業的な甘みと見た目から小さな子どものおやつと食わず嫌いだったマシュマロ。
娘から、「焼いたマシュマロ、おいしいよ!」と進められ、
家内から「それならこれで」と小さなフォンデュセットを見せられ
試食したチョコマシュマロのおいしいかったこと。

ということで、今日のデザートは、チョコフォンデュになりました。

刻んだチョコに温めた牛乳を加え、チョコを煮溶かします。
マシュマロの他にいちごとバナナ、薄くスライスしたバゲットを用意しました。

 

奥からマシュマロ、バナナ、イチゴです。

あっと言う間にこのとおり

この季節、「フォンデュ」といえば、「チーズフォンデュ」でしょう!
という方も多いのはないでしょうか。

「チーズフォンデュ」は、日本では、おしゃれなお店でいただくごちそう
のイメージですが、もとは、スイスの山岳地帯で
固くなったパンや保存食を美味しく食べるための
家庭料理が起源と言われています。

ちょっとした工夫で体も気持ちも暖かくなる家庭料理。
しばらく、お料理のDIY(Do It Yourself)
マイブームは、つづきそうです。

まめさんでした。

Comments are closed.